リーキー・ガット症候群

整体院とサロンの経営を応援する耳ツボダイエットとビジネスセミナーのYK整体スクールの講師を務める北山です。

8月7日(日)日本痩身医学協会の教授こと、川崎の梅津整骨院、梅津先生によるリーキー・ガット症候群のご講演がありました。

梅津先生2.JPG
ご講演中の梅津先生

ここ数年、認識されつつあるリーキー・ガット症候群、腸壁が粗になることで未分解の物質や体内の常在菌が脈管系の循環に入り、体のあちこちに悪さをします。

アトピーや膠原病、うつ病などの病気をもたらすのでは?と言われています。

リーキー・ガット症候群の原因は多種多様ですが、小麦、牛乳、歯科の金属、ストレス、食品添加物や体の冷えが小腸の壁に問題を起こすと考えられています。

現代社会が生んだ利便性が問題だと指摘されていることが、うなずけますね!
考えてみれば、アトピーなどは昔は無かった病気です。科学の進歩は思わぬ副産物を創り出しました。

リーキー・ガット症候群.png

でも、このリーキー・ガット症候群が適切なダイエットで良くなる可能性があるそうです。

食習慣、生活習慣の乱れを正し、腸内環境を良くすることで健康な腸内環境を保てるそうです。
つまり、ダイエットですね!

梅津先生のお話を聞いて、ダイエットの力を再確認させていただきました。

耳ツボダイエット資格セミナーをご希望なら、ビジネスも応援するYK整体スクール




この記事へのコメント