玄米は白米に比べ、肥りにくい?1

2015年12月20日(日)葉山会議室で栄養学勉強会をしました。
糖は脳や筋肉のエネルギーになります。余った糖は肝臓で蓄えられます。更に余ると脂肪に置き換わります。

12月20日栄養学セミナー.JPG

つまり糖質の摂りすぎは、肥満の原因になります。
お米は糖質です。だから噛めば噛むほど口の中で甘くなります。
お米には白米と玄米があります。
白米を摂りすぎると、体内で糖の代謝が間に合わなくなって、余った糖が脂肪に置き換わり、肥満の原因になります。
玄米は精製された白米と違い、胚が付いています。胚には糖を代謝するビタミンB群が豊富に含まれています。
ですから玄米を食べると胚に含まれるビタミンB群が、余った糖質を代謝するので白米に比べ、肥りにくいのです。
でも、胚は環境の影響を受けやすく、特に農薬を使った田んぼでは胚に農薬が蓄積されてしまいます。
専門家の中には「農薬に汚染された玄米は食べると危険だ」と言う人もいます。
つまり有機の玄米以外は危険だと言うのです。でも有機の玄米はお値段が良いですね!
今の日本で健康を維持したいなら、知識と、そしてお金も必要みたいです。